泌尿器の病気に利用したいキャットフード

 - 

猫の病気の中で、泌尿器系の病気はそれほど珍しい病気ではなく、膀胱炎や尿石症など、腎臓、膀胱等に係る病気は非常に多いです。ただ相手が動物という事で、こうした病気の発見が難しく再発を繰り返すという事もありますし、この病気は尿を排出する時に痛みが強いという特徴をもっているので、飼い主さんにとっても辛い病気です。膀胱炎等泌尿器トラブルの際に、気を付けたいのが食事です。ペットフードでよく使用される材料の小麦やトウモロコシなどの穀類ですが、実は猫にとって穀類は消化が難しいといわれています。消化をスムーズにするためにも、原材料をしっかりチェックして穀類不使用のフードを選ぶようにしましょう。

リンク>>>穀類不使用のプレミアムキャットフード【シンプリー】

積極的に水分を欲しがらない猫も多いです。尿の濃縮率が高くなるという事は、その分秒内の結晶が石になりやすいという事になります。水を飲みたがらない時はウェットタイプのキャットフードが適切です。水分が足りていないと判断した時はウェットフードタイプに切り替えましょう。また、pH値をコントロールできるキャットフードを選択しましょう。pH値とは酸性とアルカリ性を0から14の数値で示しているもので、pHの後に続く数字が7が中性、14に近づくとアルカリ性が高い、0に近づくと酸性が高いという事になります。

尿は弱酸性ですが、尿が体内で濃縮されるとアルカリ性に傾き、これが継続されると細菌を発生させる要因となります。そのため、キャットフードについても、pHコントロールが出来るものが必要となるのです。現在キャットフードはこうした症状にあったものがたくさんあります。動物病院でも手に入れることができますし、インターネット等でも販売されています。猫の健康状態にあったキャットフードを選ぶのは飼い主さんの責務です。


猫の泌尿器系の病気

 - 

猫がかかりやすい病気としては泌尿器系の病気があります。寒い冬、また高齢になった猫はこうした泌尿器系の病気にかかりやすくなります。血液をろ過して老廃物を尿として排泄する機能を持っている器官なので、とても重要な器官です。

尿石症は猫が起こしやすい病気です。尿が出にくくもともと石ができやすい体質の猫はこの病気を発症しやすい動物です。雄猫に多い病気で、トイレに行く回数が多いのに尿が出ない、排せつの際に痛がる、血尿が出るなどの症状があります。この場合、食事療法が必要となるので、キャットフードなど、症状別の食事が必要です。

慢性腎不全と急性腎不全も猫の病気として多い病気です。慢性腎不全は年齢の影響で腎臓が正常な働きをしなくなる病気で、貧血や体重減少、水をたくさん飲むなどの症状があります。急性腎不全は食欲がなくなる、嘔吐、けいれん、水を多く飲む、尿量が多いという症状が出ます。急性は非常に進行が早いので、早期発見が必要で病院に即、連れていく必要があります。

この他、呼吸器系の病気など、なりやすい病気はいろいろありますが、特に泌尿器系のトラブルは猫が起こしやすいトラブル、病気なので、こうした場合に利用するキャットフード、また予防的に猫の健康に注意するためのキャットフードの選択が必要でしょう。


ウイルス系の病気

 - 

感染症系の病気はワクチン等の接種で予防できます。猫風は猫の風邪で猫同士の接触によって起こる病気なので、外に出していない猫ちゃんは大丈夫かと思いますが、外出する猫には予防接種が必要でしょう。猫ウイルス性鼻器官炎、過去カリシウイルス感染症、クラミジア感染症の3種混合ワクチンで予防できます。症状は人間の風邪の症状で、プラス、口内炎や目やに、結膜炎などがあります。

猫エイズは猫エイズワクチンで予防できます。感染している猫と喧嘩するなどして傷がつくとそこから感染することが多いです。数年間潜伏してそれから発病する事も多い病気です。発熱、下痢、口内炎、リンパ節の腫れなどの症状があります。

猫白血病ウイルス感染症は猫の血液のがんです。感染している他のネコと喧嘩して傷が出来たり、猫同士でなめ合うと感染しますし、母体から胎児への感染もあります。この病気も、混合ワクチンによって感染を予防できます。食欲不振、体重減少、発熱、下痢、貧血、口内炎などの症状があります。

この他、ワクチンがないため、日常管理が必要なウイルス感染に猫伝染性腹膜炎、猫伝染性貧血などがあります。猫伝染性腹膜炎は感染している猫の唾液、尿からの感染で、感染力は低いとされていますが感染すると死亡率が高いです。猫伝染性貧血は猫同士のけんかなどで傷から感染します。


猫の病気

 - 

ペットブーム到来の中、今猫はとても人気のある動物です。甘えてきたかと思ったら触らないで!と冷たくなったり、でも人にくっついて寝ようとしたり、猫それぞれに性格がありますが、甘え上手で柔らかく、遊びが好きな猫はペットとして人気があります。

でもペットとして猫や犬、その他の動物を飼う、家族の一員とするという事なら、責任をもってしっかりと、命の炎が消える一瞬まで、お世話しなければなりません。命あるものと一緒に過ごすという事は、最後まで責任をもって共に生活する覚悟が必要です。

健康の事を考える時、ご飯の事や必要な予防接種、さらに去勢、避妊等も考えていかなければなりませんが、猫の病気にお琴についても、しっかり知っておくことが必要です。犬とは違い、フィラリアの心配もそれほどないといわれる猫は病気になりにくいと思っている人も少なくありません。

現代、家庭でペットとして飼われている猫も様々な病気にかかる事があり、猫の普段の行動をしっかり見ていてあげる事、いつもとは違うと思う時、対応してあげる事が必要となります。贅沢な食べ物を与えすぎたりして、人の生活習慣病のような病気になってしまう動物も多い現代です。猫の健康の為にも、代表的な病気を理解しておくことも必要ですし、その際に、キャットフード等病気の為のものや、症状にあったものが必要だという事も理解してほしいのです。

当サイトは猫が毎日健康に元気に暮らせるように、飼い主さんに猫の病気やキャットフードの重要性についてお知らせするサイトです。可愛い猫ちゃんたちとの暮らしのため、参考にしてくださったら幸いです。