Home 未分類 • 猫の泌尿器系の病気

猫の泌尿器系の病気

 - 

猫がかかりやすい病気としては泌尿器系の病気があります。寒い冬、また高齢になった猫はこうした泌尿器系の病気にかかりやすくなります。血液をろ過して老廃物を尿として排泄する機能を持っている器官なので、とても重要な器官です。

尿石症は猫が起こしやすい病気です。尿が出にくくもともと石ができやすい体質の猫はこの病気を発症しやすい動物です。雄猫に多い病気で、トイレに行く回数が多いのに尿が出ない、排せつの際に痛がる、血尿が出るなどの症状があります。この場合、食事療法が必要となるので、キャットフードなど、症状別の食事が必要です。

慢性腎不全と急性腎不全も猫の病気として多い病気です。慢性腎不全は年齢の影響で腎臓が正常な働きをしなくなる病気で、貧血や体重減少、水をたくさん飲むなどの症状があります。急性腎不全は食欲がなくなる、嘔吐、けいれん、水を多く飲む、尿量が多いという症状が出ます。急性は非常に進行が早いので、早期発見が必要で病院に即、連れていく必要があります。

この他、呼吸器系の病気など、なりやすい病気はいろいろありますが、特に泌尿器系のトラブルは猫が起こしやすいトラブル、病気なので、こうした場合に利用するキャットフード、また予防的に猫の健康に注意するためのキャットフードの選択が必要でしょう。

Author:admin