Home 未分類 • 泌尿器の病気に利用したいキャットフード

泌尿器の病気に利用したいキャットフード

 - 

猫の病気の中で、泌尿器系の病気はそれほど珍しい病気ではなく、膀胱炎や尿石症など、腎臓、膀胱等に係る病気は非常に多いです。ただ相手が動物という事で、こうした病気の発見が難しく再発を繰り返すという事もありますし、この病気は尿を排出する時に痛みが強いという特徴をもっているので、飼い主さんにとっても辛い病気です。膀胱炎等泌尿器トラブルの際に、気を付けたいのが食事です。ペットフードでよく使用される材料の小麦やトウモロコシなどの穀類ですが、実は猫にとって穀類は消化が難しいといわれています。消化をスムーズにするためにも、原材料をしっかりチェックして穀類不使用のフードを選ぶようにしましょう。

リンク>>>穀類不使用のプレミアムキャットフード【シンプリー】

積極的に水分を欲しがらない猫も多いです。尿の濃縮率が高くなるという事は、その分秒内の結晶が石になりやすいという事になります。水を飲みたがらない時はウェットタイプのキャットフードが適切です。水分が足りていないと判断した時はウェットフードタイプに切り替えましょう。また、pH値をコントロールできるキャットフードを選択しましょう。pH値とは酸性とアルカリ性を0から14の数値で示しているもので、pHの後に続く数字が7が中性、14に近づくとアルカリ性が高い、0に近づくと酸性が高いという事になります。

尿は弱酸性ですが、尿が体内で濃縮されるとアルカリ性に傾き、これが継続されると細菌を発生させる要因となります。そのため、キャットフードについても、pHコントロールが出来るものが必要となるのです。現在キャットフードはこうした症状にあったものがたくさんあります。動物病院でも手に入れることができますし、インターネット等でも販売されています。猫の健康状態にあったキャットフードを選ぶのは飼い主さんの責務です。

Author:admin