Home 未分類 • ウイルス系の病気

ウイルス系の病気

 - 

感染症系の病気はワクチン等の接種で予防できます。猫風は猫の風邪で猫同士の接触によって起こる病気なので、外に出していない猫ちゃんは大丈夫かと思いますが、外出する猫には予防接種が必要でしょう。猫ウイルス性鼻器官炎、過去カリシウイルス感染症、クラミジア感染症の3種混合ワクチンで予防できます。症状は人間の風邪の症状で、プラス、口内炎や目やに、結膜炎などがあります。

猫エイズは猫エイズワクチンで予防できます。感染している猫と喧嘩するなどして傷がつくとそこから感染することが多いです。数年間潜伏してそれから発病する事も多い病気です。発熱、下痢、口内炎、リンパ節の腫れなどの症状があります。

猫白血病ウイルス感染症は猫の血液のがんです。感染している他のネコと喧嘩して傷が出来たり、猫同士でなめ合うと感染しますし、母体から胎児への感染もあります。この病気も、混合ワクチンによって感染を予防できます。食欲不振、体重減少、発熱、下痢、貧血、口内炎などの症状があります。

この他、ワクチンがないため、日常管理が必要なウイルス感染に猫伝染性腹膜炎、猫伝染性貧血などがあります。猫伝染性腹膜炎は感染している猫の唾液、尿からの感染で、感染力は低いとされていますが感染すると死亡率が高いです。猫伝染性貧血は猫同士のけんかなどで傷から感染します。

Author:admin